岡﨑組 土木技術者UIJターン採用

私たちの中にある建設業の概念が変わっていく

私が入社して初めに感じたことは「この会社は一般的な建設業じゃない」ということ。技術をはじめ、何より会社の体制が自分の見てきた20年間の建設業の概念とは違いました。そしてこれからも建設業の概念を覆して欲しいと考えています。
そして実際に働いてみて、「岡﨑組はクリーンだ。」そう感じました。
右を向けと言われれば右を向かざるを得ないと当たり前に感じていた社会の中で、岡﨑組は型にはまらない面白い考えをもっていて、全員が納得して一緒に右を向くといい方向に躍進していくと感じています。そんな社風で伸び伸び楽しく仕事をすることで、私自身いい会社を選んだと感じていますし、皆さんも「この会社を選んでよかった」と感じてもらえるのではないかと思っています。

お申し込みフォームでENTRY お申し込みフォームでENTRY
LINE@でENTRY LINE@でENTRY

FLEXIBLE RESPONSE岡﨑組の柔軟な対応

県外の方は
1day選考が可能

1day選考の流れ

1日で全ての選考を行います。
※選考はスカイプ等でも対応可能です。
LINE@にてご相談ください。

テレビ電話での
企業説明や対談が可能

テレビ電話での企業説明や対談

・女性社員と話したい。
・子育てママ社員と話したい。
・企業説明を行ってほしい。
など可能な限り対応致します。

UIJターン
移住補助金加盟企業

UIJターン移住補助金

県外に5年以上在住の方を対象に
60万円~100万の補助金があります。
※いくつか条件あり

INTERVIEWUIJターン経験者インタビュー

建設部 荒木 隆司

01.U-TURN 建設部 荒木 隆司 ひとつの目標に向かって、それぞれのステージで活躍できる。

明確な人事評価制度があり、見える化しています。
次に何をすれば良いか、自分のステップが分かりやすく、それぞれが頑張れる。

建設業の最新技術であるICT施工に携わっています。現場では、常に刺激を受けながら素晴らしい経験ができていると感じています。
現場で業務に携わる社員の年齢は、40代30代20代とさまざまです。

それぞれにポジションがあって、30代の社員は勤続年数も経っており、こなす仕事の量も多くなってきますがそれぞれが工夫し、活力もって行っています。20代の社員は、会社の新しい取り組みに常に挑戦していて、会社の未来を担っていくと感じています。40代の私はと言うと、土木の経験値を生かしてさらに若手のフォローを率先して行なっています。うまく連携していると感じていますし、今後も力を合わせてステップアップしていきたいと思いますね。
会社も新しい挑戦に全力でサポートしてくれますし、そこを評価してくれるので常に先を見ていろんなことを想像することができます。次の目標は、ICT施工を自社内で完結できるように事業化すると、もっと面白くなるんじゃないかなって考えてます。

もちろん若い世代の人を中心に挑戦してもらって、私の役割としては土木の基礎と最新技術両面の視点から、協力できると思ってます。勢いのある若い力と経験のあるベテランで事業に携わり、新たな挑戦をしていきたいと考えています。

今後入社を考えている人に伝えられることがあるとすれば、経験者であれば即戦力になるので現場に出てもらって培った経験を伝承し、ICTなどの新たな知識を増やすことで、岡﨑組を支えていくメンバーの一人になってもらえればと思います。

人事評価制度人事評価制度

岡崎組の人事評価制度では「会社と本人の認識の誤差を解消すること」を目的としています。
人事評価制度を通して、自分の立っている位置を認識することで、目標が明確になり個人のビジョンを描くことができます。

管理部 業務課 瀨戸山 哲也

02.I-TURN 管理部 業務課 瀨戸山 哲也 家族との時間を求めて移住。手に入れた理想のライフスタイル

男性育児休暇取得率100%です。育児休暇だけでなく、子供が体調不良の場合の看護休暇や家族に介護が必要になった場合の介護休暇なども完備しています。

前職は仕事量が多く帰宅時間も遅くて、家に帰れば子どもは寝てしまっていることが多かったです。家族との時間を増やし、ライフスタイルを変えたいと、祖母の住む宮崎へ移住を決心しました。

宮崎で就職活動をする中で、岡﨑組は女性だけではなく男性の育児休暇や子供が熱を出した時の看護休暇にも積極的で、子育てをしている社員に対して理解があり、働きやすい環境を作っている会社だと感じました。
実際に就職してから、ライフスタイルは大きく変わりました。定時に帰宅ができるようになり、一緒に夜ご飯を食べたり、子どもとお風呂に入ったり、家族で過ごす時間が圧倒的に増えました。

僕以外にも育児休暇を取得したパパ社員や、お迎えに行くママ社員・パパ社員もたくさんいます。「育児は母親だけでなく、父親も一緒に行うもの。」という文化を会社発信で作っているのが、素晴らしいと感じています。僕はまだ育児休暇を取ったことはありませんが、取得した人の話を聞くと、「子育てより仕事の方が楽だ(笑)」とか、「早く帰って少しでも家庭のことを手伝ってあげないとって思うよ」と聞きます。そういう風に思わせてくれる機会があるのは、有難いなと思います。

最近、マイホームを建てました!宮崎県は温暖な環境と住みやすい地域なので、宮崎県にも岡﨑組にも骨を埋めるつもりで建てました!マイホームはやっぱり住みやすくていいもので、ぜひおすすめです。
改めて過去を振り返ると、宮崎県へ移住を決心し岡﨑組に決めて。あの時の判断は何一つ間違っていなかったと感じています。

残業時間 平均残業時間24時間/月 過去2年間で1/3に削減残業時間 平均残業時間24時間/月 過去2年間で1/3に削減
育児休暇取得率 女性100% 男性100%
離職率6% 過去3年間で2名のみ
建設部 後迫 淳朝

03.J-TURN 建設部 後迫 淳朝 一番投資すべきは人です。

会社は新しいことへ挑戦していかなくては存続していかない時代です。
そのために人事教育制度があり、人に投資し、企業が成長できる仕組みがあります。

前職では大きな施工も多く、1つ現場が終わっては次の現場へと休む間もなく働いていました。その頃は睡眠時間も取れていませんでしたので、まずは健全な生活が送りたかった。というのが転職を決意した理由です。その当時、結婚を考えていたパートナーが宮崎県出身ということもあり、一緒に帰ってきました。

岡﨑組へは、リクルートサイトの担当者の方から紹介されて話を聞きに行ったのが初めです。新しいシステムや働き方改革など、常に新たなことに挑戦している、活気のある印象を受けました。新しいことにトライして、すぐ取り入れる企業はそう多くはないと感じていたので、柔軟な考え方にはすぐに共感できました。

入社して、現場自体の作業内容は前職とさほど変化していませんが、会社全体のシステム管理もしっかりしていて、残業時間が少ないので生活はすぐに安定しました。
チャレンジしたいことがあれば会社が積極的にバックアップしてくれるので、資格取得や技術の向上へ常に挑戦して、いずれは億単位の大きな施工をこなせる人材になりたいと思っています。現在の建設事業では施工管理士1級を取得したいと思っていますし、土木以外でも舗装診断士やコンクリート診断士など、社内にある別事業にも興味があるので、新しい分野も身につけてさらに仕事の幅を広げていきたいと考えています。

教育研修制度

魅力的な労働環境

01.ICT TECHNOLOGYICT技術への挑戦

調査・測量・設計・施工・検査等のあらゆる建設生産プロセスにおいてICT技術(情報通信技術)を使って各工程から得られる電子情報を活用して高効率・高精度の施工を行い、そして施工工程で得られた電子情報を他の工程に使うことで、生産工程全体の生産性の向上や品質の確保等を図るシステムです。
ICT技術を全面的に活用することで、より安全でより生産性の高い業務を行います。その結果、建設現場に携わる人の賃金の向上を図り、労働時間の適正化が実現可能となるため、会社を挙げて積極的に取り組んでおります。

02.SYSTEM INTRODUCTION社内にシステム導入を行いオペレーション改善を行うことで仕事の効率化

社内データをインターネット上で管理共有(クラウド化)することによって、現場からでも本社のデータにアクセスできるため、すべての作業を現場で完結できるようになりました。
例えば勤怠においても、本社に集合をして出勤をし、現場終了後にも本社にて退勤を行っていたものを、各自支給されるスマートフォンによって行える為、直行直帰が可能となりました。
クラウド化や分業を行うことで作業効率はかなり高まり残業時間も激変し2年前には1人当たり90時間ほどあった残業が現在は平均30時間になるなど労働時間も大幅に削減できました。

03.WORKABLE WORKPLACE宮崎県 働きやすい職場「ひなたの極」第一号認定企業。

ひなたの極

働きやすい職場「ひなたの極」とは、仕事と生活の調和の実現に向けた職場環境づくりを積極的に行なっている企業や事業所のうち、特に優れた取組成果が認められる企業等に与えられる、知事が認証する制度です。
岡﨑組は6年前から休暇制度や労働環境の改善に積極的に取り組んでおり、女性男性関係なく育児休暇の取得を行ったり、誰でもやりたい人がやれる環境の提供を行ってきました。その結果、働きやすい職場「ひなたの極」を宮崎県第一号を頂きました。

求める人物像

「今」を大事に、一生懸命やって欲しい。
自分の軌跡をひとつずつ積み上げながら、勉強=学ぶことを継続できる人とこれからの岡﨑組を一緒に作っていきたい。

入社後からスタートです。
「自分には何ができるか」ということを常に考えながら、様々なことに挑戦してほしいですし、岡﨑組はそれを全力でバックアップしたいと考えています。
人も会社も失敗するのが怖いので「初めてする事」「やったことない事」は不安です。一方で、全てが成功するなんてあり得ないのもまた、誰しもが認識していることです。であれば、自分で「どうすれば失敗しないのか」を考え、まずは「始動=試動」してみることが大切だと思います。たとえそれがうまくいかなかったとしても、それは「経験」として、確かに自分の成長となります。
これから「経験」していくのは、自分自身です。
会社や社長、上司や同僚は、自身にその経験の場を提供し、その成長をサポートしてくれますが、根本は自分自身が取り組んでいくことが重要だと思います。
会社や社会ができることは、貢献してくれている人に対し、制度や環境を整備し、より良い環境でパフォーマンスを発揮できるようにすることです。
全ては自分がどうするか、そこを考えて行動してほしいと思います。
少々厳しいかもしれませんが、近い将来、人工知能(AI)やロボットがほとんどの仕事をします。人の仕事を奪うのです。
仕事がない=収入がない
そうならないためには、自分のタレント性を磨くことです。AIやロボットには負けない能力や技術を持つ。そのくらいの覚悟で、挑戦していただきたいです。
過去は変えられない。「今」「今から」がスタートです。

BENEFITS / SYSTEM / ENVIRONMENT福利厚生・制度・環境

岡﨑組は働きやすい会社
であることを目印にしたい

岡﨑組は働きやすい会社であることを目印にしたいです。
働きやすい会社とは、働く人にとって選択肢がある働き方を提供できる、会社であることだと思っています。
これまでの岡﨑組の取り組みとしては、休暇制度の充実や取得率の向上、残業時間の削減、人事評価制度の確立、クラウドの導入、新事業開拓など、様々なことに取り組んできました。その取り組みは今後も続き、もっともっと働きやすく選択肢のある職場環境になると感じています。
ただそのためには、働く人一人一人が生産性の向上を目指し、学び、挑戦していかなくては実現はしません。
生産性の向上には知識が必要です。人に投資をし、資格取得に関しても積極的に挑戦し、研修を希望する社員にも、最大限に対応しようと考えており、やりたい人がやれる環境を提供します。
人の成長により会社が成長し、社員に優しい会社が作られると考えています。

さらに建設業は“負け抜け”の世界になってきています。激しい競争の中で、失敗した会社から脱落していきます。厳しいようですが、それが現状です。
だからこそ、常に学び挑戦し改革を行うことが必要です。
そこに参戦する仲間を募集しています。挑戦してみませんか。
ぜひ今、岡﨑組の門を叩いてください。

APPLICATION GUIDELINES / ENTRY募集要項・エントリー

[すぐに応募できる!]お申し込みフォームでENTRY
[相談しながら応募できる!]LINE@でENTRY
Instagram

Instagramで社内風景を見よう!